①社会福祉援助技術第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数6,237
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会福祉援助技術

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェネラリスト・ソーシャルワークの機能について述べよ
    1、はじめに
     ジェネラリスト・ソーシャルワークとは、『「人と環境の相互作用」に関わる広範な構造的に理解して、多様な役割を担う。』という立場の下に行われる個別援助技術のことをいう。社会福祉士による諸支援がこれにあたる。クライアントを単なる個人として捉えるのではなく、地域社会を構成する要素の一つとして再評価したうえで地域社会による影響も考えてゆくと共に、地域社会にも働きかけていく。
     ジェネラリスト・ソーシャルワークの特質は、(1)点と面の融合(2)システム思考とエコシステム(3)本人主体(4)ストレングス・パースペクティブ(5)マルチシステムの5つがあげられる。これらは、地域で展開する総合相談の理論的な裏付けになると考えられる。
    2、ジェネラリストソーシャルワークの特質
    (1)点と面の融合
     「個」と「地域」を一体的に捉えて働きかける点と面の融合は、ジェネラリスト・ソーシャルワーク全体を性格付ける特質である。つまり個別事例への援助と地域を対象とした活動を 一体的・総合的に捉え実践することが求められる。
    そのため、ソーシャルワークの三..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。