現代女性論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数119
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    性差別と性の役割について述べよ
    1、はじめに
    「ジェンダーの社会学」を読んでいて、思い出したことがある。1990年頃、私が、三人目の子どもを出産して職場(保育園)に復帰した時に、公的機関が作ったポスターを見た。「父親も子育てに参加しましょう」というようなフレーズで、人気男性タレントが子どもを抱っこしているポスターだった。このポスターをめぐって議論がされた。「お父さん達は、子育てをしたいと思っているけれど、できる環境にない。毎日残業を強いられて、疲れて帰ってきて、子育てに参加しましょうって言ったって無理だ。」というのが私たちの出した結論だった。そして、働く母親たちも、労働が過酷で疲れきって帰ってくる。園に迎えに来た時には、畳コーナーに座り込んでしまうという姿を見せていた。世の中は豊かになっているのに、子育て環境が悪化しているというのが私たちの感想だった。父も母も安心して子育てを楽しむためには社会が変わらなくては、どんなにお題目を唱えても意味がないと感じていた。
    「子育ては、女の仕事」という社会的に規定されたジェンダーを克服しようとしたポスターなのだが、ジェンダー意識を変えるだけで克服でき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。