代数学概論参考その1

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数215
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代数学概論

    代表キーワード

    代数学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 次の計算をせよ。但し答えが(1,1)行列になったときには、行列としてではなくスカラー(実数)として書くこと。
    (1)
    (2)
    2. 次の行列Aの逆行列を「掃き出し法」によって求め、それを使って、その右にある連立方程式を解け。
    よって、
    3. 2つのn次正方行列A、Eijについて、AEijおよびEijAを求めよ。ただしEijは(i、j)成分のみが1で残りの成分はすべて0である。
    4. n次正方行列Aが任意のn次正方行列Xと可換(つまりAX=XA)であれば、Aは
    A=cEの形をしている。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。