生活科概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数355
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について考察するとともに、考察した実践についての学習指導案を作成せよ(学年は第1学年でも第2学年でもかまわないが、本時の指導上の留意点を、特に詳細に作成すること)。
    生活科の目標をふまえた「遊び」とは
    生活科の教育目標をまとめると「身近な社会や、自然を観察したり動物を育てたり、遊びや生活に使うものをつくったりすることから活動の楽しさを味わいそれらを表現できるようにすること」である。この目標を柱として、子ども達の自発的活動を通じて知的気付きをさせていくことや、主体的に活動することができるように、教師が導いていくことが重要である。目標を達成するためには、子ども達に共感し、共に生活科の授業をつくっていくことが大切である。生活科の教育内容の中に「遊び」というものがある。遊びのねらいとして「遊びを通じて自然を感じさせること」である。自然とかかわりを持ちながら、季節や自然の偉大さなど様々なものを感じていくことである。その中から感じることができる面白さ、楽しさを感じさせることが大切である。そこから気付きや興味を持つ心を育てていくことが生活科で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。