スポーツ論入門  第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数438
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『自己のスポーツ(身体運動)体験を通じて獲得したもの、現在獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい』
    始めに、スポーツから人間が獲得できるものについて、参考文献を通して私の考えを述べたていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『自己のスポーツ(身体運動)体験を通じて獲得したもの、現在獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい』
    始めに、スポーツから人間が獲得できるものについて、参考文献を通して私の考えを述べたていきたい。
    あらゆるスポーツは、団体競技も個人競技も共通のルールのもと、フェアプレー精神を持ち競い合い目標を達成する。特に団体競技は各自のポジションと役割が明確であり勝利という目標に向かい一体となって努力し達成する「協調性」を身に付けることができる。また「競争に打ち勝った歓びと自信」「自分の力を自ら確かめられること」「能力の限界を知ること」「忍耐と苦しみの大切さ」など、自分の能力を試すことを心と身体で覚える。
    さらに監督、コーチなど指導者との関係の中で礼儀を身に付ける。このようにスポーツは人格形成に大きく寄与しているのである。スポーツを通して得た経験は、社会生活で人間関係、自身の行動指針、また、仕事に対する姿勢と意識に良い影響をもたらす場合が多い。
    また、スポーツをしている、したことがある人というのはしたことがない人に比べて体力があり病気にかかりにくい。健康第一という言葉があるように、人間の活動の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。