生徒指導・進路指導の研究(初等)A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数268
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをあげて説明してください。
     
     小学校段階の子ども達は、心身の目ざましい発達の中に存在している。子ども達の訴えの原因が「心」の問題か「身体」の問題なのか判断する必要がある。この時期の心身の問題は、両者を切り離して問題解決に取り組むことは難しく両方の面から対応していく必要がある。この時期の子ども達は、自分の思いをうまく伝えることができないことがある。そのため腹痛や頭痛などの身体症状によってなんらかの助けを求めてくる場合がある。
     子どもたちの声に耳だけでなく、心を傾けてゆき、心身の変化に対応すべきである。また児童期の中にある子ども達の発達状態が、それぞれ大きく異なってくる。その部分を理解して活動をおこなうことが大切である。そして多くの子どもが、学校に行けない理由がわからない場合がある。子ども達に対して真剣に接して行き「心の居場所」になっていくことが、重要なことである。
     教育相談は、「目的である生活への適応と人格的な成長のために、すべての子ども達を一人ひとり理解して、問題や悩みに対する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。