教育原論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数334
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』
    ロックは、タブラ・ラサ(精神白紙説)を唱えた。これは、心の中には、生まれながらに刻み付けられた概念や理念などはないという考えのことである。この考えに従えば、子どもは、生まれたときは、まだ何の観念も持ってないということになる。では、心はどのようにして観念を備えるようになるのか、どこから理知的推理と知識のすべての材料をわがものにするのか。これに対して、ロックは経験からであるとしている。この経験に私たちのいっさいの知識は根底を持ち、この経験からいっさいの知識は、究極的に由来すると述べている。
    子どもは成長するにつれて、教育によってさまざまな観念を獲得するようになるのであり、これは経験主義的な考えと言うことができる。子どもは、将来の知識の材料になるような観念を徐々に備えるようになるのである。
     ロックは、子どもの教育は、まず感覚的訓練から始めるように主張する。感覚によって一つ一つの対象についてわれわれの心の中に観念が起こり、様々な知識が得られる。例えば、どんな色であるか、暑いか、寒いか、どんな味か、臭いか、形である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。