学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数270
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。」
     教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を子ども達の心身の発達に応じ、授業数との関係において総合的に編成した学校の教育計画とされている。教師にとっては、指導を行うための雛形とも言えるものである。教育課程の編成は、小・中学校と高等学校のいずれも教育目標を達成するために校長を中心とした校務分担組織を組んで学校組織で全教職員の協力の下に行われていくものである。教育課程の基準として、目標・内容が規定されていること、評価が数値化されていることがあげることができる。また編成原理として公立・私立を問わず、どこでも子ども達が安心して基礎的な学習力を修得する教育課程を編成することが必要である。それは、教育が一部の子ども達のためにあるものではなく、すべての子ども達のために行なわれるものであるからである。これらのことを踏まえて教育課程が、どのような目的でつくられたものなのか、またどのように変化してきたのかを小学校の教育課程に焦点を当て過去の教育課程から述べていきたい。述べる中から教育課程の今日の問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。