体育概論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数222
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。
     
     学校管理下における児童の事故・災害の発生は、多発化の傾向にあり、充分な対策を立てて対処していかねばならない。日本学校安全会千葉県支部の資料(昭和52年)によると、「体育の校庭・運動場」「休憩時間中の校庭・運動場」「始業前の校庭・運動場」と、いわゆる体育に関する施設・用具にかかる事故・災害と体育学習時の事故・災害が多い事が分かる。
    事故の発生は、安全に対する意識の低さが主な原因である事はいうまでもない。この意識を高める為には、学校・家庭・社会が一丸となって積極的に進めるべきであり、「~してはいけない」的な形式的で消極的な方途では、児童が自主的に「考え」「理解し」「行動する」習慣形成はできないし、安全意識を高めることは出来ない。やはり、「こうしたら安全だ」という積極的な心構えで行動するように指導する事が、安全な行動の取れる能力や態度の定着化を図る事につながる。
    このような積極的な指導と合わせて、一方で児童の活動に関与する施設・設備・用具などの環境の点検や整備と共に、これらの使用に関するルールを作り、安全に関する指導・管理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。