教育社会学(テスト1-6)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数413
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1104 教育社会学1(テスト1-6)
    テキストをもとにまとめたものです。
    テスト前に暗記し、無事パスしました。

    1.いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題ではないことについて説明せよ
    2.いじめ問題の国際比較を通じて、その共通性と異質性について具体的に説明せよ
    3.日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展開について述べよ
    4.学力低下の実態についてまとめ、その問題点を整理せよ
    5.国際化する社会に対応した教育とは何かについてまとめ、そのために学校はどのように変わらなければならないかを説明せよ
    6.イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1「いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題ではないことについて説明せよ」
    かつて、いじめ問題の原因は、行き過ぎた管理教育にあると考えられていた。しかし今日、さまざまな調査・研究から、その原因や過程が少しずつ明らかになりつつある。
    いじめの原因については諸説がある。まず「性格原因説」である。加害者や被害者の性格に問題があるという説である。最近のいじめの傾向として、「共依存型のいじめ」がある。ひとりでいることに不安感があり、いじめられてもグループ内にいることを望むのである。仲間グループにみえるなかでのいじめで教師側から見抜くことが難しい。
    つぎに「機会原因説」である。いじめの発生は、きっかけにすぎず、所属している集団の状況や雰囲気によって左右されるという説である。そのため、個人のどのような特性もが、いじめの標的となる。従来であれば、マイナス面をもつ者がいじめの対象となりやすかったが、近年では、プラス面もいじめの発生原因となる点がその特徴である。
    そして、「いじめの4層構造論」である。いじめを加害者、被害者だけではなく、周囲にいる観衆や傍観者など、学級集団全員の問題ととらえる視点で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。