米文学史(テスト1-6)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数260
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6302  米文学史(テスト1-6)
    テキストや参考図書をもとにまとめたものです。
    テスト前に暗記し、無事パスしました。

    1.ロスト・ジェネレーションについて、具体的な作家を2名以上あげながら論ぜよ
    2.W.フォークナーとJ.スタインベックについて代表作をあげながら論ぜよ
    3.自然主義について、具体的な作家を2名以上挙げて代表作をあげながら論ぜよ
    4.マーク・トウェインとアーネスト・ヘミングウェイについて、代表作を3作以上あげながら論ぜよ
    5.S.アンダスンとE.ヘミングウェイについて、代表作をあげながら論ぜよ
    6.エドガー・アラン・ポーとN.ホーソンについて、代表作をあげながら論ぜよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 ロスト・ジェネレーションについて、具体的な作家を2名以上あげながら論ぜよ
    ロスト・ジェネレーションとは戦争に参加し、その体験を身に背負ってアメリカに帰国した後、再びヨーロッパへ渡った人たちのことである。以下では、その代表的な作家としてスコット・フィッツジェラルドとアーネスト・ヘミングウェイについてみていきたい。
    フィッツジェラルドは、物質的繁栄の華やかさと崩壊の不安のなかで生きる若者の生きざまを描き、人気作家となった。処女作『楽園のこちら側』は、裕福な家庭に生まれ育った青年が大戦に参加した後に、自立する道を探そうとするまでを描いた半自伝的な作品である。
    一方、ヘミングウェイは『日はまた昇る』で一躍有名となった。この作品ではハード・ボイルドといわれる文体が大きな特徴となっている。主人公である男性二人にからむ国籍喪失者たちの虚無的な生活がフランスとスペインを舞台に描かれている。また、ヘミングウェイ自身の戦争体験を反映した作品が『武器よさらば』である。イタリアを舞台に展開するアメリカ人兵士と野戦病院の看護婦との物語である。計算しつくされたストーリーと、そのテンポのよさに注目すべき作品であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。