米文学研究(テスト1-6)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数220
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6305  米文学研究(テスト1-6)
    テキストや参考図書をもとにまとめたものです。
    テスト前に暗記し、無事パスしました。

    1.『楡の木陰の欲望』のイーフレイム・キャボットについて述べよ
    2.『楡の木陰の欲望』の演劇的手法について述べよ
    3.ソーントン・ワイルダー作『わが町』の舞台監督の役割について具体例をあげながら述べよ
    4.『ガラスの動物園』の登場人物の一人であり、同時に語り手でもあるトム・ウィングフィールドの役割について述べよ
    5.『セールスマンの死』のなかで用いられている“時間”の技法について、具体例をあげながら述べよ
    6.『セールスマンの死』を長男ビフの観点から論ぜよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1『楡の木陰の欲望』のイーフレイム・キャボットについて述べよ。
    物語は1850年頃のニュー・イングランドを舞台として、75歳の農夫イーフレイム・キャボットが3度目の妻アビーを迎える。キャボットには3人の息子がいるが、二人目の妻との間に生まれた息子エビンとの仲が悪く、楡の木陰にあるこの家では、さまざまな思いが錯綜することになる。
    キャボットは信仰心の厚い人物である。かつてキャボットはこの土地を離れ、西部で肥えた広い草地を手に入れたことがあった。ところがある日、神の声を聞き、また荒地に戻ってきたのである。その後、彼は何十年にもわたって石ころだらけの土地と格闘し、そこを近隣の農夫たちがうらやむような農地に変えたのである。
    しかし、そんなキャボットにこき使われたために、エビンの母は亡くなった。それゆえエビンは父を憎み、この土地を手に入れようと異常なまでの執念を燃やす。アビーもまた家と土地への強い欲望に突き動かされて、キャボットの3番目の妻としてこの土地へやって来た。さらにアビーは、エビンに惹かれ、彼と資産の両方を手に入れようと考える。
    このような家族と暮らすキャボットは、家に居ても気が休まらな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。