教育方法学(レポート第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数205
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1108 教育方法学1(レポート第1設題)
    テキストをもとにまとめました。

    第1設題:従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ」
    現代社会は「情報社会」とも「生涯学習社会」ともいわれている。インターネットなどの電子的媒体や市場の発達によって、だれでも、いつでも、さまざまな情報にアクセスすることができるようになったためである。それにともなって、学校の役割も大きく変化してきている。
    これまでの学校教育は、国が定めた全国一律の基準のもと、どの地域のどの学校でも同じような内容の教育が実施されてきた。児童・生徒は、学校において教師から必要とされる知識や技術を伝達されてきたのである。しかし、今日の社会の変化を受けて、その従来の仕組みが変えられつつある。現在、それぞれの地域と学校において、特色のある、個性的で創意工夫に満ちた教育活動を実施させていく仕組みへと転換が図られている。
    新教育課程では、四つの学力をバランスよく育てることが重要である。まず、一つめが「基礎的な学力A」である。「読み、書き、計算」といった教科等の学習の基礎となるものである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。