米文学史 (レポート第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数122
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6302 米文学史 (レポート第2設題)
    テキストと参考図書をもとにまとめたものです。

    第2設題:ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ」
     かつてロスト・ジェネレーションと呼ばれたアメリカ人作家たちがいた。最初にそう呼んだのは、ガートルード・スタイン(Gertrude Stein, 1874-1946)である。彼女がヘミングウェイに投げかけた言葉を、ヘミングウェイが自身の最初の長編小説『日はまた昇る』の扉に、”You are all a lost generation.”と書いたことから始まっている。
    「ロスト・ジェネレーション」とは、戦争に参加し、その体験を身に背負ってアメリカに帰国し、その後、再びヨーロッパへ渡った人たちのことである。第一次世界大戦後のアメリカの若手作家たちは、精神的にも肉体的にも傷を負っていた。加えて、物質主義の拡大と投機的産業の繁栄にとらわれたアメリカで、芸術運動を起こす難しさを感じ、文化と芸術の中心であるパリへとひきつけられていったのである。さらに、そういった人物を作品のなかで扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家と呼ばれた。その代表的な作家として、ドス・パソス、フィッツジェラルド、フォークナー、そしてヘミングウェイが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。