米文学史(レポート第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数222
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6302 米文学史(レポート第1設題)
    テキストと参考図書をもとにまとめたものです。

    第1設題:エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ」
     エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe, 1809-49)は、ボストンで生まれ、豪商の養子として育った。優れた文筆家、雑誌編集者であり、特に、詩、短編小説、評論の三つの分野においてすさまじい創作意欲を発揮した。
     青年時代、ポーは合衆国陸軍に志願入隊し、同じころに処女詩集『タマレイン』を出版している。その題詩「タマレイン」は、モンゴルの征服王タマレインが野心のために初恋の乙女の愛を犠牲にしたことを嘆くアレゴリー詩である。バイロン風の気取りが感じられるが、詩はポー生来の才を示す作品である。その2年後には、架空の星に住む乙女に象徴される理想的な天上的美を瞑想する長詩「アル・アララーフ」を主題とする『アララーフ、タマレインと小詩』を出版した。
    ポーの詩は、神秘、悲哀、恐怖、死といった雰囲気を漂わせるものであるが、彼の追及する理想は、「教訓を離れた純粋な美」である。ポーは『詩集』の序において「詩の直接の目的は真理でなく、喜び」であり、「詩の本質的要素は音楽であり、詩唯一の領域は美である」と述べている。この詩について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。