教育相談の研究(レポート第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数205
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1110 教育相談の研究(レポート第1設題)
    テキストと参考図書をもとにまとめたものです。

    第1設題:学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい」
    カウンセリングとは、心的構造における、イド・自我・超自我のアンバランスを修正することである。このカウンセリングは大きく2種類に分けることができる。一つは治療的カウンセリングであり、もう一つは発達援助的カウンセリングである。
    治療的カウンセリングでは、専門的な知識と技術を用いてクライエントの症状や病気の治療が行われる。これに対して、発達援助的カウンセリングの目的は、症状や病気を治療することではなく、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるように援助することにある。学校カウンセリングとは、多くの場合、この発達援助的カウンセリングのことを示している。
    発達援助的カウンセリングが、治療的カウンセリングと決定的に異なる点は、その終結が自我の現実原則機能が作用するようになった時点にあるということであり、症状や悩みが解決された時点ではないということである。発達援助的カウンセリングの目的は、あくまで自我や超自我の発達を援助することであり、その結果として、副次的に症状や悩みや問題が解決されることになる。
    また、治療的カウンセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。