英文学史(レポート第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数149
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6301 英文学史(レポート第2設題)
    テキストと参考図書をもとにまとめたものです。

    第2設題:ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ」
     ヴィクトリア女王(Queen Victoria, 1819-1901)はまさに時代を象徴する人物であった。イギリス帝国の黄金時代と衰退への移行期も女王の治世とほぼ一致する。ヴィクトリア女王の在位期間、イギリスは安定した秩序を保ちながらかつてない発達を遂げた。しかし、その内部にはさまざまな社会的矛盾を抱えていたのである。
    女王即位の年に始まった農作物の飢饉は40年代にいたって深刻な様相を呈し、これが労働階級の政治的発言を強化しようとするチャーティズム(人民憲章運動)と絡み合った。穀物法により植民地の安い食料が輸入されるようになると、食糧事情が好転し、社会は安定へと向かったが、その一方では、イギリス国内の農業は決定的な打撃を受けた。この事態は重工業国への転換に大きな拍車をかけ、産業革命の成果は1851年の進歩と繁栄の象徴である大博覧会へと続いていく。
    しかし、このような華々しさの裏では諸悪がはびこっていた。不潔で危険な工場では非人間的な長時間低賃金労働が強要され、病気などの不都合が生じれば簡単に首を切られ失業した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。