英文学史(レポート第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数140
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6301 英文学史(レポート第1設題)
    テキストと参考図書をもとにまとめたものです。

    第1設題:ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ」
    「ロマン的」という言葉は17世紀の中頃から「中世ロマンスのもつ荒々しく刺激に満ちた特質」というような意味で用いられ、18世紀には「非理性的」という非難のニュアンスがあった。ところが、その後「古典主義芸術」に反対するヨーロッパの人々が、中世のロマンス文学にある種の理想を見い出し、ロマン復興運動が起こったのである。
    折しも、18世紀末から19世紀初頭にかけての30数年間は、イギリスにとって空前の変革の時代であった。国外ではアメリカ独立戦争やフランス革命、国内においては産業革命の進展が社会の構造を急速に変えつつあった。蒸気機関や紡績機械の発明は、農村の手工業に打撃を与え、農村は変貌し、都市は膨張した。こうした変動にともなって生活様式も生活感情も変化した。この変革のなかで新しい時代への期待や不安などが、人間の内奥に閉じ込められていた情念を爆発させ、ここにイギリスにおけるロマンティシズムの文学が花咲くことになったのである。
    ロマンティシズムの特徴は、第1に、時間的空間的に遠いものに対する憧れである。中世..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。