【レポート】教育方法学

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数154
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計並びに評価についての留意点を述べよ。』
     「情報化社会」とも「生涯教育社会」とも言われる現代社会では、様々な情報にアクセスする機会(インターネット、マスコミ、雑誌の利用など)や、教育を受ける機会(通信教育、放送大学、カルチャースクールなど)は爆発的な広がりを見せている。また、近年の教育改革により、学校を画一的な運営システムから特色のある個性的なものへと変換が図られている。これに伴い、教育は生涯教育ばかりではなく学校教育も含めて、「受けさせられるもの」から「選んで受けるもの」になりつつある。それだけに、現代社会での教育の担当者、特に学校の教師には、単に児童・生徒の発達過程についての心理学の知識や、教科・教材についての専門的な力量、また学校の運営に関わる管理上の資質だけでなく、これからの社会のあり方と、社会の中での人間の生き方について洞察力を持つことが求められる。教師は教えるという立場だけでなく、共に考えて学ぶ、見守るという立場に変化している。学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。