【Paper】介護等体験研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数274
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『なぜ介護等体験研究が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。』
    1998年4月1日より、「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に関わる教育職員免許法の特例等に関する法律」(介護等体験特例法)が施行され、小学校・中学校の教諭の普通免許状を取得するために、今までの教職員免許法及び同施行規則に定める一定の教職に関する科目の単位を修得し、卒業資格を得ることに加え、介護等体験をすることが義務付けられた。
    介護等体験の目的は、「義務教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。