【レポート】英文学史 第1設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数239
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ。』
    【ロマン主義】
    18世紀末から19世紀初頭にかけての30数年間は、イギリスにとって空前の変革の時代であった。国外的には、アメリカ独立戦争、フランス革命が立て続けに起こり、国内的には産業革命の進展が社会の構造を急速に変え、こうした変動に伴ってイギリス市民の生活様式や生活感情も劇的に変化した。ここにロマンティシズムの文学が花咲くことになる。イギリス・ロマン主義の宣言というべき『叙情民謡集』(Lyrical Ballad,1798)が、ウィリアム・ワーズワス(William Wordsworth,1770 -1850)と、サミュエル・テイラー・コウルリッジ(Samuel Taylor Coleridge,1772 -1834)により出版され、その精神は『叙情民謡集・序』(Lyrical Ballad, Preface)に全て表れている。この記念すべき年から30数年間をロマン主義またはロマン復興の時代と呼ぶ。
     ロマン主義の時代の代表的な文学は詩である。ロマンティシズム(ロマン主義)の特徴は、①時間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。