米文学史

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数293
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米文学史
    『自然主義について、具体的な作家を2名以上挙げて代表作をあげながら論ぜよ。』
    自然主義
    ・現実をありのままに描写する文学。
    ・極端な写実主義。
    →容赦なく人間や社会の恥部を描き出す、悲観的・物質的・決定論的な創作態度。
    ・人間を自然科学的に見ようとしたが、進化論的思想に影響される。
    →人間が自由意志をもたず、遺伝と環境によって決定される動物であるという考え方。
    ・自然主義にはまったく別の意味があり、自然に対する深い愛情を示す作品について用いることがある。
    シャーウッド・アンダスン
    ・アメリカの大地に根を深く下ろした作家の一人。
    ・彼の作品は、機械文明に対する反発と疎外感、それゆえの逃避というスタイルで一貫している。
    ・代表作は『ワインズバーグオハイオ』『貧乏白人』『卵の勝利』など。
    『ワインズバーグオハイオ』
    ・本作を発表後、一躍有名となる。
    ・25のエピソードから成り立っている。
    ・それぞれのエピソードには表題がつけられ、いくつかは独立した短編としての味わいを備えている。
    ・作品全体を読み通したとき…
    →ワインズバーグの地形が全体として浮かび上がる。
    →町を構成している家や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。