米文学研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数421
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米文学研究
    『ソートン・ワイルダー作「わが町」の「舞台監督」の役割について、具体例を挙げながら述べよ。』
    本来の役割
    ・『わが町』の舞台監督は、本来の役割である小道具などの配置や移動を観客の前で行う。
    ・小道具の配置が終わると舞台監督は観客に直接語りかけ、劇が始まる。
    語り手としての舞台監督
    ・舞台監督は、劇中で語り手として何度も登場する。
    →登場人物たちの背景や、時間の流れを観客に教える。
    ・時には劇を止めたり、時間を逆回転させたりしながら物語を展開していく。
    ・このように語ることで舞台監督は劇の進行させていく。
    ・舞台監督は、観客(現実世界)と登場人物達(虚偽の世界)を繋ぐ役割を果たしている。
    登場人物としての舞台監督
    ・舞台監督は登場人物にまじって様々な役を演じ、劇を進行させていく。
    ・ドラッグストアの店主や牧師を演じる。
    ・(ジョージとエミリーの結婚の場面)
    →エミリーが結婚に不安を感じているとき、舞台監督は結婚式へと進む流れをいったん中断し、
    その間にジョージとエミリーが初めて愛を知った場面を挿入する。
    →そして店主や牧師を演じエミリーの不安を取り除いていく。
    ・(最後の場面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。