【テスト】教育相談の研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数278
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育相談の研究】
    『カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい』
    【治癒的カウンセリング】
    ・対象は主に神経症(ノイローゼ)の患者。
    ・神経症とは、
    ・自分自身にとって症状は苦しい悩みであり(苦悩)、
    ・自分は病気であるという意識があり(病識)、
     ・その病気の原因は自分自身にあると思うが(洞察力)、原因は自分にはわからない、
     ・そのことで日常生活に支障をきたすので、なんとか治療したい(治療意欲)という気持ちが強い。
    ・フロイドは神経症を説明するために無意識という概念を導入し、神経症の原因は無意識にあるとした。
    ・神経症の治療方法として、
    ・無意識を意識化して原因を明らかにする。
    ・意識化されれば自分で症状をコントロールすることができるようになる。
    ・カウンセラーはクライエントに対して、専門的な知識と技術を用いて、症状や病気を治癒する。
     ・自由連想法、夢分析、無意識の意識化 
     ・リラックスした状態で頭に浮かんでくることをそのまま話す手法。
    ・カウンセラーがそれらを解釈をしながらクライエントの洞察をうながす。
    ・主に、成人した大人が対象で、基本的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。