【テスト】教育心理学I

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数450
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育心理学Ⅰ】
    『青年期の不適応行動の主なものを説明し、それぞれの原因と考えられる諸要因についてわかりやすく説明せよ』
    【非行】
    ・その社会で非道徳的・反社会的とみなされる行為すべてを指す。
    ・法律および少年警察活動要綱により取り締められる。
    ・刑法、特別法、道路交通法、売春防止法、
    ・補導対象とされる不良行為(家出・飲酒・喫煙・けんか・深夜徘徊 etc)
    ・原因として、素質要因と環境要因の2つが挙げられる。
    ・素質要因(従来の研究で明らかにされてきている)
      ・性格の歪み(激怒しやすい傾向など)、精神病、精神発達遅滞
     ・環境要因
    ・家庭の病理現象(7つ)
       ・貧困家庭、欠損家庭、犯罪家庭、不道徳家庭(親の不倫)、葛藤家庭(親兄弟の不仲)、
    養育上の過誤(虐待・放任・拒否)、親子関係の障害(親の無理解・抑圧・対立・反抗)
      ・社会・文化の病理
       ・学校・職場・交友関係・都市化の中の非行地域・マスコミの影響・価値体系の混乱
      ・非行グループや暴力団への参加
      ・薬物の作用(覚醒剤・麻薬・睡眠薬・アルコールなど原因)
    【登校拒否】
    ・怠学以外で、病気や障害、経済的事情・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。