英文学史

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数475
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英文学史
    『Edmund Spenserについて述べよ。』
    エドマンド・スペンサー
    ・エリザベス1世の時代に活躍した詩人。
    ・処女作『牧人の暦』はそれぞれ12の月に割り当てられた12の牧歌から成っている。
    ・古語と俗語をふんだんに取り入れて、様々な主題を詩形で唄った。
    →恋愛、宗教、芸術、女王の賛歌など。
    ・スペンサー連といわれる特徴的な韻文法をいくつかの作品で用いた。
    ・弱強5歩格の8行に、弱強6歩格の1行を加えた合計9行から成る。
    ・ababbcbccと押韻するのが特徴。
    ・彼の最も有名な作品『妖精の女王』でも、スペンサー連が使用されている。
    『妖精の女王』
    ・スペンサーの死により未完のままで終わっている。
    ・この作品の意図は、「徳と騎士道の教えを身につけた紳士貴人を描き出すこと」である。
    ・アリストテレスに従い、12の騎士を配し、一連の寓意物語を作ろうとした。
    ・しかし、この作品は道徳を説いたというよりは、愛と美の世界を表現しているといえる。
    ・絵画的かつ、音楽的に美を描写している。
    『John Drydenについて述べよ。』
    ジョン・ドライデン
    ・イギリスの詩人、文芸評論家、劇..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。