脳死を人間の死と定義する問題点

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,439
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    脳死を人間の死と定義することには様々な問題がある。脳死状態は脳の機能は全て停止しているがそれ以外の臓器は機能している状態である。それに対して通常の死は脳・心臓・肺の全てが機能を停止した状態である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     脳死を人間の死と定義することには様々な問題がある。脳死状態は脳の機能は全て停止しているがそれ以外の臓器は機能している状態である。それに対して通常の死は脳・心臓・肺の全てが機能を停止した状態である。また、脳死とよく似た状態で植物状態があるが脳死状態と植物状態は異なる。植物状態は、脳の一部の機能が残存しているため、多くの場合は自力で呼吸をすることができ、回復する場合もある。脳死は心臓が動いている人を死んでいると診断するため、患者の家族がそれを認めない場合があり問題になってしまう場合がある。また、医師が臓器移植を行いたいために、脳死ではない患者を脳死と判定する可能性があることも問題になっている。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。