アメリカと日本の自動車文化の違い

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,150
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカの新車販売シェア上位5社は、ゼネラルモーターズ22.4%、フォード16.3%、トヨタ16.0%、クライスラー12.7%、ホンダ9.9%となっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アメリカと日本の自動車文化の違いについて調査し、まとめた。このテーマを選んだ理由は、2008年5月1日にガソリン税の増税があり、自動車文化に興味を持ったからである。日本の全就業人口は約6300万人であり、自動車産業に従事する就業人口は全就業人口の約8%の約500万人である。つまり、日本において自動車産業はなくてはならないものとなっている。
     アメリカの新車販売シェア上位5社は、ゼネラルモーターズ22.4%、フォード16.3%、トヨタ16.0%、クライスラー12.7%、ホンダ9.9%となっている。一方、日本の新車販売シェア上位5社はトヨタ37.4%、日産12.5%、ホンダ11%、マツダ10.3%、スズキ10.0%である。トヨタ、ホンダが両国でランクインしている。逆にアメリカのメーカーは日本ではランク外である。
     日本人によるアメリカ車のイメージは「性能が悪い」、「派手」、「壊れやすい」等、あまり良いイメージは持っていない。また、アメリカ車は平坦な道を長距離走るように作られており、入り組んだ路地の多い日本の交通事情にはボディサイズの大きいアメリカ車は不便である。
    逆に、日本車はアメリカ車..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。