精神医学3

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数138
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    精神医療福祉薬物依存

    代表キーワード

    医療

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「薬物依存の原因、症状、治療、予後についてまとめ、現在の日本において薬物依存が増加している原因について、分析、考察しなさい。」
     依存には、身体的依存および精神的依存がある。前者は、離脱状態、耐性、当初意図されたよりも大量にまたは長期にわたって精神活性物質使用を使用することである。精神的依存は、精神活性物質の強制的摂取、精神活性物質使用の自制困難、精神活性物質の入手、摂取、回復に費やす時間の増加、有害な結果になることがわかっていながら精神活性物質を使い続けると、精神活性物質の使用を中止したいという持続的な希望はあるが成功しないことである。精神活性物質の使用により大切な社会的・職業的活動や余暇活動が障害されることである。
     社会環境因子(入手可能性、仲間の圧力、社会性剥奪、虐待)は、精神活性物質使用の主要な決定要因であるが、神経生物的機能、先行する精神病理(コカイン使用で陥りやすいような注意欠陥障害)、パーソナリティ障害(境界性、反社会性)、医原性因子(処方されたベンゾジアゼピン系薬物など)、条件づけられた学習、精神活性物質の病理学的特性すべて関与している。精神活性物質乱用・依存者の大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。