社会福祉士の役割

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数658
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「地域包括支援センターの機能と社会福祉士の役割について」
     市町村は、被保険者が要介護状態等となることを予防するとともに、要介護状態等となった場合においても、可能な限り地域において自立した日常生活を営むことができるよう支援するため、包括的・継続的マネジメント機能を強化する観点から、地域支援事業として、次に掲げる事業を行う。
     地域支援事業実施の責任主体は市町村である。事業内容は、介護予防事業、包括的支援事業、任意事業となっており、事業は地域包括支援センターに委託することができる。
     介護予防事業としては①被保険者(第1号被保険者に限る)が、要介護状態等となることの予防または要介護状態等の軽減、もしくは悪化の防止のため必要な事業である(介護予防サービス事業および地域密着型介護予防サービス事業を除く)。
     特定高齢者施策では、老人保健事業の基本健康検査や基本チェックリストなどにより特定高齢者施策(地域要支援、要介護になるおそれのある虚弱高齢者。高齢者人口の約5%を想定)を決定する。特定高齢者は、地域包括支援センターにおける介護予防ケアマネジメントを経て、本人の意向や生活環境等もふまえ、介..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。