「福祉レクリエーションの意義」について

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数6,203
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉レクリエーションの意義」について
    人間にとって生きてゆく中で、「レクリエーション」とは、その生活の中で非常に重要な役割をもっている。
    多くの社会人はそれぞれに趣味や楽しみをもっており、週末には仕事を離れて自分のために時間を過ごしたり、夏の休暇を利用して旅行をしたりする。
    こうした時間をもつことにより、さまざまな緊張のある日常の中で、気分転換や内面的な豊かさの向上を図っているのだろう。
    「レクリエーション」という言葉の概念は何だろう。
    近年、頻繁に用いられている言葉でありながら、この定義についてはあまり明確なものが存在しない言葉であるといえる。
     辞典類による概念には、「労働によって失われたものの回復」「労働力の生産性」「休暇や娯楽など余暇に行う活動」「人間性を回復する」という概念である。
    『広辞苑』によると、レクリエーションとは「仕事や勉強などの疲れを、休養や娯楽によって精神的・肉体的に回復すること。  また、そのために行う休養や娯楽」となっている。(1)
    語源の意味から、レクリエーションという言葉が「失われた『何か』(力とかエネルギー)を再び創り出す、取り戻す基本的な構造を持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。