「成人のコミュニケーション障害者と対応する際の環境調整」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数772
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「成人のコミュニケーション障害者と対応する際の環境調整」について
     私たちはある人々を「障害者」と呼ぶ。
    しかし彼らが厳密に定義されているわけではない。 例えば客観的に観て、あの人には障害があると見える人の中にも、本人は「障害者ではない」と主張したり、障害者と扱われることを拒否する人もいる。 またそのわずかの違いによって、極端な場合、自殺しかねないほど苦しむ人もいるのである。
     今日、障害者といわれる人の数は、正確にはわからないが、人口の3%から5%までといわれている。 この数を少ないと考えるか多いと考えるかは意見が分かれている。
     もちろん彼らは、ある日突然出現したのではない。 時代による環境の変化、例えばポリオはワクチンの発明によって文明社会ではほとんど存在しなくなったし、社会的に最も差別されたと考えられるハンセン氏病は特効薬の発明によってほぼ消失した。 その他、視覚障害者、聴覚障害者も眼鏡や補聴器の発明、改善によって社会的な意味での障害が消失したり、軽減されるようになった。
     しかし現在社会では一方では新しい障害者を生み出しつつある。 例えばエイズ(AIDS)は社会を恐怖におと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。