「小児コミュニケーション障害児と対応する際の環境整理について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数357
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「小児コミュニケーション障害児と対応する際の環境整理について」
     うまく話せなかったり、コミュニケーションがとれなかったりする子どもを前にすれば、
    人は必ず不安になる。 そのとき、人は自分で情報を得て、その子たちのことを理解しようとするだろう。
     子どもの発達の過程では、ことば、感情、思考は相互に深く結びついているのである。
     子どものコミュニケーションと言語障害は、高次の神経学的な機能の問題であると考える人々と、反対に、ことば、とりわけコミュニケーションは、人格の全体にかかわる過程、
    その人格と他者との関係にかかわる過程であると見なす人々とが対立しあっている。
     両者の対立が際立っているのは、まず、障害自体の有無や程度を評価する方法が異なる。
     脳のメカニズムを重視する人々は、子どもに様々な質問に答えるよう求めるテスト、それも科学的に標準化されたテストを使って、子どもの発話の質や量を知ることが重要と考える。 もう一方は、日常生活のなかでの過程を重視する人々では、子どもの心の働きや社会的関係のなかで、どのようなことばの様態が見られるかを知るには、できるだけ自然な場面で自発的に現れた発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。