社会福祉概論 第4課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数861
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「今日、格差社会といわれ国民間の所得の格差が拡大化している。その典型が被保護世帯の増加である。この背景と原因」について
     高度経済成長の過程で、生産力が上昇し、資本の集中=生産手段の集中が進み、社会的共同消費手段の拡大と生活手段・サービスの商品化を軸に生活の社会化が進展し、その基礎上で「生活標準」が職業・所得の違いを突き破って形成されてきた。
    1974年に一定の「生活標準」なるものが確立したのである。
    1974年以降、一度設定された生活標準は、生産力の高さに規定された社会的欲望の高さにひきつけられて、そのレベルの上昇を続けている。 その上昇が収入階級間「格差」が拡大する傾向の中でひきおこされているのである。
    資本間の市場競争の結果、商品は、傾向的に生活者の必要量を上回り、過剰に供給されるようになる。 また、その競争の結果として資本の集中過程で、小資本は大資本に飲み込まれていき、今まで存在していた生活者にとって必要性が高い小資本の商品が市場から消え去り、それが大資本の画一化された商品にとって代わられるというような、消費財の供給量の過剰と種類の縮小が起こる。
    いいかえれば、生活者にとって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。