栄養学 第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数224
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「適正な脂質の摂取について」
     脂質は、炭水化物と同様に、炭素・水素・酸素の3元素から構成されているが、水に溶けず、エーテルやクロロホルムなどの有機溶媒に溶ける性質をもつ物質の総称である。
     細胞膜の構成成分として重要である。
     動物体内では皮下や内臓周囲などに貯蔵物質として、また、血液中や脳・神経などの細胞の構成成分として存在する。植物では、おもに種子中に存在する。
     脂質は、単純脂質・複合脂質・誘導脂質に分けられる。 食事中の脂質の中で多くの割合を占める中性脂肪は、栄養上、エネルギー源として重要である。
     単純脂質とは、脂肪酸とアルコールが結合したもので、アルコールの種類によって、中性脂肪(ドリグリセリド)と、ろうに分けられる。 一般に、油や脂肪といわれているものは中性脂肪のことで、脂肪酸が3分子とグリセリン1分子が結合した構造をしている。
     脂肪酸はその構造中の二重結合の有無によって分類され、二重結合のないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸という。
     さらに、不飽和脂肪酸のうち、二重結合は1個のものを一価不飽和脂肪酸、2個以上のものを多価不飽和脂肪酸という。
     これらは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。