幼児教育課程論a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数760
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    かなり厳しいようです。添削コメントがすごいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼稚園教育と(小学校以上の)学校教育とを対比し、教育のありよう(姿・形)の違いについて論述しなさい。
     幼稚園は小学校以上の学校と同じく、文部科学省が所管する学校教育法に基づく学校であるが、その意義は大きく異なるといってよい。法律においても違いが意識されていることがわかる。すなわち、目的規定たる学校教育法29条で「小学校は、心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育のうち基礎的なものを施すことを目的とする。」とされているのに対し、同法22条では「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」というように、一定の踏み込んだ記述があるのである。また、「施す」との文言からも明らかなように、小学校においては、中学校以上と同じく教師主導型の「授業」を行うものであり、知識・技能などを習得させることに重きが置かれている。子どもの側からいえば受動的なものとして捉えられる。これに対し、幼稚園においては、発達するのは幼児自身であって、その子どもの内なる発達をいかに伸ばすかという点に重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。