幼児理解と保育相談a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数800
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    もとめられていることを網羅するのが大変かもしれません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『幼児の保育相談をする際に必要なことについて論述せよ。』
     近年において、育児における諸問題が注目される。それは、子どもの家庭内暴力やいじめ、犯罪の低年齢化や自殺、また、親の児童虐待や育児ノイローゼや離婚など数多く挙げられる。これらの問題は、物質的に豊かになった経済社会の負の面ともいえる精神的な貧しさ、つまり、①自然の激減による遊び場の減少とともに子ども本来の遊びの伝承がなくなってきていること、両親との触れ合う時間の減少、②少子化による兄弟間の育ちあいがなくなったこと、③核家族化による近隣世帯との関わり合いの希薄化、祖父母による育児のアドバイス・手助けなどがなくなったことなどである。そして、そのような環境で育った子どもがやがて大人になり、親になりきれない親が生まれているという現実である。このような社会の中で、子どもに対する心のケアとともに保護者に対するケアの必要性が出てきていることは明白である。そのことは、保育者が今まで以上に心理学的な知識および能力を身につける必要があることを意味している。
    今後の乳幼児教育の重要性は近代教育では当たり前の事になっているが、その問題意識は時代によって変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。