教育原論ペスタロッチー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
     ペスタロッチーの教育に対する種々の考えの根本には、子どもの本性は全くの白紙であり観念や原理は経験によってはじめて獲得するものだと主張していたロックとは異なり、子どもにはすでに将来成長する能力が内在していると考えている点にある。
    すなわち、子どもが生まれながらに有する動物的衝動を根絶することを主張する旧来の見解とは正反対であり、もともと内在している発展の素質というものを将来に向けて内から発展する手助けをすることこそが重要であるとしているのである。
    このように、彼の教育観は、内的素質を重視しているという意味で「有機的」であり、強制するのではなくあくまで自発的な内的発展を促すという意味で「発生的」なのである。本能は認識に、経験は法則に、法則は愛に変わるべきだと述べている点からも伺い知ることができる。『探求』においても人間を自然な形で道徳的状態へと導くべきだとしている。
    このような考えのもとで彼は、教育方法として直観の原理を重要な柱としている。前述した内的素質の所産たる直観、すなわち推理を用いず直接に対象を捉えることが全ての認識の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。