道徳教育の研究 S0528 科目最終試験 6設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数597
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます!
    佛教大学通信教育の科目最終試験の設題と解答例です。
    勉強や考察のご参考になれば幸いです。 設題は以下です。

    1 道徳教育の意義について述べよ。

    2 人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。
    (設題1と同じ解答)

    3 第2次世界大戦以後の道徳教育について述べよ。

    4 第2次世界大戦以前の道徳教育について述べよ。
    (合格判定70点)

    5 欧米の道徳教育思想について述べよ。

    6 「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0528 道徳教育の研究
    1 道徳教育の意義について述べよ。
     道徳教育は人間性の養成・確立のためにある。
     また、道徳は人間の生き方を示すものである。人間は真理を求め、これを規範としてどのように生きるかを考えることが道徳なのである。
     さらに、人間は従来の考え方を維持すること、すなわち思想を保守することに安心感を覚える。これに対し、絶えず自己を見つめ自己を検証することが求められる。厳しい真理に突き当たった時に、誘惑に抵抗し、厳しい真理を誠実に直視することで自己自身に立ち向かう多大な勇気や責任をもつことが道徳的能力を身に付けるということである。自分だけの思い込みを乗り越え、真理の探究という冒険に乗り出すことが必要なのである。
     また、道徳は①「人間としての生きる道であり、人それぞれの内面の中に存在するものである」、②「社会規範の一つである」、③「社会秩序の維持のために社会的進歩を押し止めようと作用する場合がある」、④「社会において望ましいと考えられている価値観や価値体系に基づく意識や行動様式・生活態度の形成を目指すものである」。
     一定の社会において、それぞれの支配的価値観に基づいて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。