社会科教育法 リポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数833
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『平成20年版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元について指導の概要を説明しなさい。その際、児童の学習活動を具体的にイメージして論述すること。』
    (1)社会科改訂の基本方針とそのポイント
     小学校学習指導要領改訂の基本方針や具体的な方向を示す基盤になっているのが以下の3点である。
    ①社会科をはじめさまざまな教科において習得させるべき基本的な知識・技能を確実に身につけさせ、それらを活用して学ぶことの大切さを理解させる。
    ②伝統や文化に関する教育の充実

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『平成20年版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元について指導の概要を説明しなさい。その際、児童の学習活動を具体的にイメージして論述すること。』
    (1)社会科改訂の基本方針とそのポイント
     小学校学習指導要領改訂の基本方針や具体的な方向を示す基盤になっているのが以下の3点である。
    ①社会科をはじめさまざまな教科において習得させるべき基本的な知識・技能を確実に身につけさせ、それらを活用して学ぶことの大切さを理解させる。
    ②伝統や文化に関する教育の充実
    ③将来の社会を担う子どもたちに新しいものを創り出し、よりよい社会の形成に向けて主体性をもって社会に積極的に参画し、課題を解決していく力を身につけさせる。
     中央教育審議会答申による基本方針にも上記の3点の基盤が明確に示されている。
    小学校社会科は以下のような方針で学習指導要領の目標及び内容、内容の取り扱いなどが改訂された。
    これは先述した3点を踏まえているからである。ここでは、「よりよい社会の形成に参画する資質や能力の基礎」を培うことを目指し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。