国語科教育法 リポート

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,277
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『「新たな時代を拓く国語科教育を具現化するための方法」を複数あげ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならないことについて考察を図りなさい。その際、国語教育の意義、国語科教育の構造及び今日的課題をふまえるとともに、三領域一事項すべてにふれること。』
    第一章 国語教育の意義
     国語教育とは、学校教育の中の国語科という時間だけにとらわれずに、広く家庭や社会生活の中で行われる母語に関する教育である。そのため、各教科・領域の中で言語活動の充実と、言語能力の育成のための手立てを講じる必要がある。
     1972(昭和47)年に国語審議会は「国語の教育の振興について」という答申に次のような基本理念を示している。
    ①人間の自己形成・充実、②社会の成立と向上、③文化の創造と進展、この3つの理念と新学習指導要領とを合わせて、児童の学習意欲を起こさせるような言語活動の場を保証しつつ、その言語能力の育成に資するような授業の創造を目指していくことが求められている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「新たな時代を拓く国語科教育を具現化するための方法」を複数あげ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならないことについて考察を図りなさい。その際、国語教育の意義、国語科教育の構造及び今日的課題をふまえるとともに、三領域一事項すべてにふれること。』
    第一章 国語教育の意義
     国語教育とは、学校教育の中の国語科という時間だけにとらわれずに、広く家庭や社会生活の中で行われる母語に関する教育である。そのため、各教科・領域の中で言語活動の充実と、言語能力の育成のための手立てを講じる必要がある。
     1972(昭和47)年に国語審議会は「国語の教育の振興について」という答申に次のような基本理念を示している。
    ①人間の自己形成・充実、②社会の成立と向上、③文化の創造と進展、この3つの理念と新学習指導要領とを合わせて、児童の学習意欲を起こさせるような言語活動の場を保証しつつ、その言語能力の育成に資するような授業の創造を目指していくことが求められている。
    第二章 国語科教育の構造
    1、新学習指導要領からみる
     2008(平成20)年3月28日、小学校等の学習指導要領が告示された。基本方針によると、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。