S0645確率論1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数529
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題
    A、Bの2チームが野球の試合をする。1試合でAチームが勝つ確率はx、Bチームが勝つ確率は1-xであり、それぞれの試合の勝敗は独立であるものとする。
    (1) 3試合行った結果Aチームの2勝1敗となる確率をxの式で表せ。
    (2)(1)で求めた確率が最大となるxの値を求めよ。
    (3)10試合行った結果、Aチームの8勝2敗となった。AチームはBチームより強いと言えるかどうか考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第 設題
    $ 、% の チームが野球の試合をする。 試合で$ チームが勝つ確
    率は[、% チームが勝つ確率は [であり( [ )、それぞ
    れの試合の勝敗は独立であるものとする。
    試合行った結果$ チームの 勝 敗となる確率を[の式で表せ。
    $ チームの 勝 敗となる場合の数が 通り( & )であることを考
    慮して、求める確率をI
    [ とすると、
      I
    [ & ・
    [
    [
    [
    [  P
    で求めた確率が最大となる[の値を求めよ。
      I
    [
    [
    [  より、
      I
    [
    [ [ [
    [
      [ で増減表を書くと次のようになる。
    [


    I
    [
    I
    [
     よ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。