教育原理 教育において子ども理解することの重要性を論じなさい

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数7,842
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども教師発達保育幼児理解人間援助言葉

    代表キーワード

    教育原理

    資料紹介

    1438字のレポートです。3枚目は子ども理解のレポート作成のポイントを8つ箇条書きにして記しています。
    内容→『子どもは大人とは異質なものであり、同じ出来事が起きても子どもの感じることと、大人の感じること、そのものを見る視点は全く違う。---中略---子どもを理解するとは子どもの発達段階をも理解するということであり、その子どもにとって今何が必要なのか、何に困っているのか、というニーズを把握する必要がある。そうすることによって効果的な援助をすることができるようになるのである。また、子どもははっきりと言語にしてこの援助が必要だと訴えることは少なく、子どもの言動の背景を考えることが重要となってくる。子どもの言葉をうのみにしていては良い教育者とは言えない。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育において、子どもを理解することは非常に大切で意味のあることである。子どもは大人とは異質なものであり、同じ出来事が起きても子どもの感じることと、大人の感じること、そのものを見る視点は全く違う。男性と女性が全く違うものであるように、大人と子どもは相容れないものなのである。だからこそ、子どもを積極的に理解するということがとても意味のあることになるのである。
    子どもは、日々めきめきと発達するものである。乳幼児の場合は特に、数か月違うだけで、できることとできないことは大きく変わってくる。それらを理解していないと、何の効果もない援助や指導を行うこととなってしまう。子どもを理解するとは子どもの発達段階をも理解するということであり、その子どもにとって今何が必要なのか、何に困っているのか、というニーズを把握する必要がある。そうすることによって効果的な援助をすることができるようになるのである。また、子どもははっきりと言語にしてこの援助が必要だと訴えることは少なく、子どもの言動の背景を考えることが重要となってくる。子どもの言葉をうのみにしていては良い教育者とは言えない。なぜ、子どもがそうした言動をとる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。