家族援助論 虐待を受けた子どもにみられがちな行動特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,620
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1574字のレポートです。内容→『養育者との健全な愛着が形成されておらず、基本的信頼感が欠如しているといったことである。子どもは養育者との明確な愛着を得ることで、安心して外の世界へ赴き、そこで出会う人々と人間関係を築いていくのである。被虐待児は安心することができず、また人を心から信用するといったことがほとんどなく、人との関係を拒否したり、---中略---親切にしてくれた人に対しても容易に心を開くことはせず、人の真意や愛情をはかるため、試し行動をとる。これは関わった人に対し、わざと叱られたり、嫌われたりするようなことを繰り返し、その人がどこまで自分を受容するかということを試しているのである。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     被虐待児を保護すること、支援することは簡単なことではない。被虐待児との人間関係の構築は非常に難しく、専門的な知識がないと行動の背景が理解できず、せっかく保護しても、そこでまた大人から裏切られてしまう、といったことも少なくない。
     被虐待児の行動特徴の根幹にあるものは、乳幼児期の養育者との健全な愛着が形成されておらず、基本的信頼感が欠如しているといったことである。子どもは養育者との明確な愛着を得ることで、安心して外の世界へ赴き、そこで出会う人々と人間関係を築いていくのである。被虐待児は安心することができず、また人を心から信用するといったことがほとんどなく、人との関係を拒否したり、人と人とのつな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。