教育相談 登園拒否、親子関係歪みなど保育の現場で出会う可能性のある・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,175
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育相談のレポートです。「登園拒否、いじめ、親子関係の歪みなど保育の現場で出会う可能性のある出来事についての対応とその説明」です。1561文字です。内容→『登園拒否とは、幼児が保育所や幼稚園へ行くのを嫌がる状態で学童期の子どもが学校へ行くのを嫌がる不登校とは心理的状態や背景が異なる。その原因は大きく分けて三つある。一つめに分離不安がある。分離不安とは養育者から離れることを恐れ、養育者への強い依存があり、養育者からの適切な自立ができていないため、保育所や幼稚園への登園を拒否することである。~子どもに何か問題がある場合、養育者が問題を抱えている場合がほとんどである。親の不安が子どもに影響し、子どもの問題となり、それがまた親に返ってくるというスパイラル状態に陥る。親子関係の歪みの例として一部にすぎないが、以下の三つをあげる。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保育の現場で起こりうる問題として、登園拒否の原因や対応、親子関係の歪みについて述べていきたい。
     登園拒否とは、幼児が保育所や幼稚園へ行くのを嫌がる状態で学童期の子どもが学校へ行くのを嫌がる不登校とは心理的状態や背景が異なる。その原因は大きく分けて三つある。
    一つめに分離不安がある。分離不安とは養育者から離れることを恐れ、養育者への強い依存があり、養育者からの適切な自立ができていないため、保育所や幼稚園への登園を拒否することである。これはどの子どもにも起きる可能性のあることで、泣いていてもしばらく様子をみたり何かほかに楽しいことがあると自然に園での生活になじむようになる。ただしあまり長期間続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。