家族援助論 家族及び家族関係はどのように変化しているか述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,082
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1418字のレポートです。内容→『家族」とはなにか。現在、一般的に用いられている定義は「夫婦・親子・きょうだいなど少数の近親者を主要な成員とし、成員相互の深い感情的かかわりあいで結ばれた幸福追求の集団である」というものである。ただし、事実婚や同性愛カップル、またはペットなども十分に家族の成員として考えられている場合もあり、必ずしもこの定義に当てはまるとは言えない。家族の定義は時代とともに変化するものであることを忘れないでおきたい。--中略--家族の小規模化や共働き夫婦の増加などにより、育児や介護、家事などの1人当たりの負担が重いことや、子どもたちが家族の中で経験する人間関係の数が減っていることを意味している。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代の家族は、昔に比べるとその形態や家族関係、家族の機能そのものが大きく変化している。それについて詳しく述べる。
     まず、「家族」とはなにか。現在、一般的に用いられている定義は「夫婦・親子・きょうだいなど少数の近親者を主要な成員とし、成員相互の深い感情的かかわりあいで結ばれた幸福追求の集団である」というものである。ただし、事実婚や同性愛カップル、またはペットなども十分に家族の成員として考えられている場合もあり、必ずしもこの定義に当てはまるとは言えない。家族の定義は時代とともに変化するものであることを忘れないでおきたい。
     家族の形態には、核家族・拡大家族・直系家族・複合家族などがある。核家族..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。