教育原理 現在の家庭や小学校以降・幼児教育…

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,237
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育原理の1340字のレポートです。題名は【現在の家庭や小学校以降の学校教育の現状や特徴を踏まえ、幼児教育においてはどのような点に留意して子どもの育ちをどのように援助していくことが必要か論じなさい】です。内容→『この時期は様々な面で日々急速に成長する時期であるため、人的にも物的にも幼児期にふれあう環境が非常に重要となる。幼児は生活や遊びといった直接的・具体的な体験を通して、情緒的・知的な発達、社会のルールや人間関係などの基礎を獲得していく。養育者には、幼児が将来、自立したひとりの人間として充実した生活を送るために、幼児期に経験しておくべきことを十分に行わせるということが必要不可欠となる。幼児の教育に携わるとは、その後の人間としての生き方を大きく左右する重要なものであることを認識しなければならない。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼児期は、生涯にわたる人間形成の基礎が培われる極めて重要な時期である。この時期は様々な面で日々急速に成長する時期であるため、人的にも物的にも幼児期にふれあう環境が非常に重要となる。幼児は生活や遊びといった直接的・具体的な体験を通して、情緒的・知的な発達、社会のルールや人間関係などの基礎を獲得していく。養育者には、幼児が将来、自立したひとりの人間として充実した生活を送るために、幼児期に経験しておくべきことを十分に行わせるということが必要不可欠となる。幼児の教育に携わるとは、その後の人間としての生き方を大きく左右する重要なものであることを認識しなければならない。子どもの育ちについて常に関心を払う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。