参与観察と非参与観察の違いを述べよ。その際、各方法の長所と短所が分かるように説明すること。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数89
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会調査法のレポートです。そのまま転載することはおやめください、参考になさってください。頑張ってくださいね(^^
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     質的調査とは、質的データの分析を通して、事象の記述、仮説生成やモデル生成を目的とする調査のことである。特徴は研究者があるフィールドの中で生きている人々の視点を持ち、経験、感情、認識を調査することにある。よって研究者はそのフィールドの一員となって調査を行うこととなることから、質的調査は参与観察が有効である。
    また同じく広い範囲から対象を観察するために非参与観察といった手法も特に有効となる。
    フィールドで行われる情報収集の方法には、個別・、グループインタビュー、参与観察、質問紙調査の自由記述、日記や手紙などの個人的な記録などがある。
     はじめに参与観察について述べる。参与観察..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。