日本の医療保険制度は、国民皆保険の仕組みを採用しているが、あなたの加入する身近な医療保険をあげわかりやすく説明しなさい

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数97
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障論2のレポートです。そのまま転載はご遠慮ください、参考になさってください。頑張ってくださいね(^^
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障論Ⅱ 第二課題 第一設題
     医療保険とは、病気やけがの治療にかかる経済的負担を軽減するための保険のことである。健康状態にかかわらず加入できる。国民健康保険について述べる。
    国民健康保険法に基づき国が保険者となる公的医療保険である。被保険者が医療機関の受診により発生した医療費について、その一部もしくは全部を保険者が給付する。運営しているのは地方公共団体となる。
    被保険者である国民は全体の4割ほどとなり、加入者は会社に勤めていない自営業者、農家や無職の者、学生、自営業者の妻などである。保険料は市町村に納める。加入条件は①会社に勤務していてすでに健康保険に加入している人とその家族以外の者。②..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。