社会福祉援助技演習-次の語群の中から5つ以上の語句を使用し、ソーシャルワーカーの対人援助の特性について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数212
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    語群(アウトリーチ、ストレングス、エンパワメント、相互作用、社会正義、ワーカビリティ、アドボカシー、プライバシー、自己決定、インクルージョン、アセスメント、尊厳)
    使用したのは、ストレングス、エンパワメント、相互作用、アドボカシー、自己決定、尊厳、インクルージョンです。
    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三課題 第一設題
    ソーシャルワーカーの対人援助の特性について述べる。
    初めに、ソーシャルワーカーとは何を仕事とするのかについて述べたい。人の人生において、幸せなときもあれば不幸せだと感じるときある。生きづらいと思うときには、さまざまな手助けを得ながら何とか持ちこたえ、問題を解決したり、持ち直したりして、生きづらさを解消していくことが可能である。簡便に言うならば、その手助けをすることがソーシャルワーカーの仕事であると考える。
    生きづらさを抱えている人は、ひとりひとり、それぞれ違った課題を持っている。双子であっても同じ屋根の下に暮らしていても、同じものなどひとつも存在しない。ひとりひとりが抱えて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。